ブログトップ

NORIWORKS + mac

noriworks.exblog.jp

大きな期待

我が家の初夏の恒例行事に参加してみました、いえ、手伝わされました(笑)

おとんが植えた桃と梨の木が小さな実を鈴なりにつけています
この実が大きく立派に育ち、収穫できるまでに準備することがあるんです

かわいそうですが、小さな実はほとんどを取り除き、大きく実らせるために
傷のない元気な選ばれし子達を残します
害虫や鳥から守るために、ひとつひとつに、新聞紙で作ったお手製の袋をかけて覆います
この作業がこれまた大変!
c0082166_21454191.jpg

おとんは高いところ担当で
c0082166_21485433.jpg

おかんも頑張っとります~

「作ってみて価値がよーわかったわ…」おかんがポツリと言いました
確かに桃は高級ですもんね
桃栗3年…なんて言うけれど、うちの桃の木は20年近くなるものの
かろうじて実った桃を口にしたのは2回ほど…梨はもっと若い木ですが、1回くらいです
袋で包まれた小さな実が大きくなるまで、虫や鳥に食べられたり、台風の被害に遭ったり
いろんな厳しい道のりが待っています
それをくぐりぬけた子だけが私たちの口に入る現実…果物の世界も厳しいんですね…
こうして親子で頑張ってもいくつ実るか、全滅か、わからないのです
もちろん、最近の我が家はなんちゃって農家ですから、プロのようなことは
十分にできてないんでしょうけれど、おかんのひと言が身にしみました

c0082166_21521386.jpg

かわいそうで、つい拾ってしまったちいさな実たち
無事に収穫できたら、またご報告しますね
ご報告のない時は…そっとしておいて下さいね、大人の皆さま
[PR]
by noriworks | 2009-06-07 21:58 | yasai&kudamono
<< 祝 12歳! 芍薬(しゃくやく) >>