ブログトップ

NORIWORKS + mac

noriworks.exblog.jp

それから

鎮静剤を打ち、ぐったりとしたmacさんは手術室へ入って行きました
それから、いったん家に戻り約4時間後に迎えに行くことになっていました
その4時間の長いこと長いこと…
旅へ出るのに離れることはしばしばあったけれど、いつも親に任せていたので
よそ様に預けて離れたことがなかったのです
 
 手術の時ちゃんといい子にしてるだろうか…
 麻酔が切れて大暴れして、先生や奥さんを困らせてないだろうか…
 ところかまわずオシッコしてないだろうか…

腫瘍のことよりも、そんな心配が頭をよぎっていました
でも、だんだん手術のことが気になり
でも、何にもしてやれない
今は先生にお預けするしかないとすがる気持ちでした

長い長い4時間はようやく過ぎて迎えの時
生まれて初めてのゲージから恐る恐る出てきたmacさん
ちょっと不安げな顔は私を見て安心してくれたのか(←飼い主願望)
いつもの通り、診察室をぐるぐるかけまわり、意外にも元気なものでした
落ち着きのないガサガサ野郎に、先生も少々苦笑いで病室を後にしました


***
みなさまへ
あたたかいコメントやメールを下さり心より感謝致します
まだ検査結果がわかりませんが、今のところmacさんは元気いっぱいです
ブログに書くことで私はたくさんの方から助けていただいている
それにより、自分を取り戻している状況なのです
弱い心を持つ人間ですので、どうか書かせて下さいね
[PR]
by noriworks | 2008-10-05 23:12 | dog
<< ちょうだい macさんのこと >>