ブログトップ

NORIWORKS + mac

noriworks.exblog.jp

カテゴリ:trip( 41 )

夜も楽しむなら!

9/27まで、世界遺産をはじめ、歴史的建造物がライトアップされていますー→こちら
東大寺、薬師寺など、夜間は入場できないので、昼間に入場しておいて
夜は外から眺めてくださいね

ならまちで暑さに負けて飛び込んだ、まほろば さんでひとやすみしてると
隣の席の地元の奥様とオーナーさんが話しかけてくださり、
ご親切にいろいろと教えてもらいました
お店のおすすめは あんずのひみつ というスイーツ(これがまた美味かった!)

8/5~14日まで なら燈花会というイベントがいいのよ~とのことでした

お先にライトアップをご紹介
c0082166_23452849.jpg

c0082166_2346493.jpg


他にもいろいろ見どころあります~
夏休みに行ってみるなら!奈良へぜひ!
[PR]
by noriworks | 2009-07-30 23:48 | trip

ふれあうなら!

奈良にはたくさんの鹿さんがいます
神様のおつかいとはいえ、多くないかな…
c0082166_2303942.jpg

おつかいしまくり~

more more more ! →GO!
[PR]
by noriworks | 2009-07-29 23:13 | trip

ほっこりするなら!

ならまち散策です
ここは江戸時代の末からの町家の面影を今に伝えるエリアで
京都とはまた少し違う雰囲気を感じる、なんだか懐かしいまち
この日はめちゃめちゃ暑かったので、人の往来も少なかったけど
きっとそんなに混んでない気がする…奈良はそんな意味でもおすすめですね

ならまち格子の家
c0082166_2311061.jpg

c0082166_2312335.jpg

昔のまんまの町家が再現されてて、おじゃまできるしおすすめです
税金対策のための間口の狭い玄関、うなぎの寝床といわれる奥行き
便器や五右衛門風呂などなど、どれも時代劇のセットみたい!
ノリのいいお友達となら、ミニコントして楽しめそうです~

実際に町家に住んでおられるお家もたくさんあって、趣であふれていました
c0082166_23135669.jpg



バリで行った かわいいかばん屋さんの sisi さんも見っけ!
カフェもあって、のんびりできそうでした
c0082166_23155987.jpg


現代の町家は懐かしいけど新しい、でも、ほっこりなお散歩でした
[PR]
by noriworks | 2009-07-27 23:22 | trip

カフェに行くなら!

カナカナ さん
行ってみたいなぁと思っていました

元興寺を少しだけ進んで左に曲がると、看板が見えてきました
c0082166_22522842.jpg

時間はちょうど12時、おなかもグルグルしていたのでランチすることに
すっかり満席になったところだったので、待つこと約20分
c0082166_22534188.jpg

町屋を改装した店内は、とっても落ち着く雰囲気です
c0082166_22545247.jpg

女子系な 今日のごはん
こんなん作って、さらっとお出しできたらいいなぁ…
スタッフの美しいお姉さんにうっとりしながら(おっさんですもの)ガッツリいただきました
店内の女子率 高っ!
男子がポツポツいらっしゃいましたが、こういうお店に入れる男子…素敵ですぞ

後で知ったけど、2Fの雑貨も気になります…
[PR]
by noriworks | 2009-07-24 22:56 | trip

世界遺産なら!

JR奈良駅からのんびり歩いてお散歩です
奈良は世界遺産があちこちあるものの、歩いてほとんど回れてしまうのも魅力的
数年前にtabipawちゃんと歩いたなぁ…と思いつつ、あんまり思い出せず(笑)歩きます

「お姉さん!乗りません?」と声をかけてくれたのは人力車のいなせなお兄ちゃん
貧乏なもので…高級ベンツは遠慮していると親切にも私が行きたいカフェの場所を教えてくれました
それは後ほど
c0082166_2336258.jpg

こんな素敵な道しるべを頼りにたどりついたのは
c0082166_23344837.jpg

世界遺産 元興寺(がんごうじ) 詳しくはこちら

蘇我馬子が飛鳥の地に建てたわが国最古の寺院なんですってー
うまこ…習いましたね、大昔に(笑)
1200年前?とにかくめっちゃめちゃ古い瓦屋根があったり、
聖徳太子さんの子供の頃の像があったり
なかなか見どころがたくさんあって勉強になりました
[PR]
by noriworks | 2009-07-23 23:39 | trip

行くなら!奈良!

小学校の頃、遠足の定番は京都か奈良で、歴史モノが多かったですが
当時は全く興味もなく、ただ教室で勉強しなくていいからというだけで
楽しかったものです
古都は大人になってから行くほうが絶対いい!
この連休に奈良へ行ってみました

c0082166_2283486.jpg

ふふふ 最初はえ???だったけど、見慣れてくるとかわいいもんですね、
せんとくん

c0082166_2295999.jpg

マンホールシリーズしようかしら?
中にはこの気持ちわかってくれる人がいるはず!
その土地をあらわしてて、素敵やねんも~ん
これは奈良公園の鹿と吉野の桜かな

ちょっとベタな遠足コースですが、しばしお付き合い下さいませ
[PR]
by noriworks | 2009-07-21 22:14 | trip

気になるを確かめる! お庭拝見の巻

お風呂屋さん、いえ、カフェを出てしばらくプラプラ歩きます
天龍寺を左に曲がって、THE嵐山な通りへ
ひばりさんに会いにやってきたおばさま達、修学旅行な高校生、人力車の客引き
などなど、平日とはいえ賑わっておりました
観光名所でもある渡月橋を見向きもせずあっさりと渡り、電車で1駅先の松尾大社へ
気になるお目当てに会ってきました

モダンで現代風の日本庭園というのでしょうか、
昭和を代表する作庭家「重森三玲(しげもりみれい)」さんの作品がここにあります

平安時代、貴族が和歌を詠んで遊んだお庭を表現した 曲水の庭
c0082166_2391831.jpg

c0082166_23112479.jpg


巨石で神々を現した 上古の庭
c0082166_23154780.jpg


不老死の島、蓬莱島を表現した 蓬莱の庭
c0082166_23171265.jpg

枯山水のお庭を多く手がけた三玲さんには珍しく、水の流れが取り入れられています
そして、これらは遺作となりました
日本庭園って難しくて退屈なイメージでしたが、わざわざ出掛けて眺めるだなんて!
癒しさえも感じるなんて、年のせい???
いえ、三玲さんのせいにしときます(笑)

気になってたカフェもお庭も、実際見て確かめることができてしあわせ~
充実の休日だったのでした
[PR]
by noriworks | 2008-09-18 23:23 | trip

バリ時間を過ごす ま、macさん!の巻

あちらこちらで、たっくさんの犬を見かけました
野良さんなのか?自由きままなわんこが多い!
車道も歩いてて危ないのだけど、でもちゃんと車をよける反射神経は素晴らしかった
ガイドの「まるちゃん」によると、バリでは放し飼いもするらしく、わんこはプラプラしてるそうです
でも夜になると、ちゃんと家に帰ってくるんやてー ほんまかいな?
白、茶、黒の雑種なワンコが大半でした
黒で雑種?てことは?

c0082166_22242025.jpg

ラフティングしたテラガワジャ川近辺でみたmacさん

c0082166_22255786.jpg

ウブドのとある店先で爆睡してるmacさん

c0082166_2227753.jpg

サヌールビーチで夜明けを待つmacさん


撮りきれないほどたくさんのmacさんが!あっちにもこっちにも!
ちょっと興奮でした(笑)
[PR]
by noriworks | 2008-07-29 22:29 | trip

バリ時間を過ごす カルチャーショックの巻

ウブドでは、正装した人々がたくさん集まってるのをよく見かけました
ガイドさんに聞くと、「オマツリ ノ ジュンビ デス」と言ってたので、
鮮やかな衣装の人達、広場におみこしや、やぐらのようなものがあって、
楽しいものだと思っていたら、なんと!それはお葬式のことだったのです

ちょうどウブドの王様?(又は王族の方)が亡くなったらしく、その「オマツリ」準備で王宮のまわりは混雑してました
王様はバリ島以外にも自費でお寺を建てるなど、民からとても慕われ
お人柄も素晴らしく立派な方だったそうです
そのため、あちこちから人々が集まり、王様のために手作りで飾り物や、やぐら作りに大忙し
さすが王家のためのものは規模が違います
c0082166_23323563.jpg

c0082166_23345567.jpg

c0082166_23361495.jpg

まるでジェットコースターのような高さのはしご
左のブルーシートのところに棺が置かれ、遺体と共にせっかくの飾りも
すべて焼かれてしまうんだとか

バリでは、遺体はしばらく家に置かれ、オマツリに向けて準備をします
そしてお金持ちは火葬、そうでなければ土葬、または後で掘り起こして誰か火葬されるときに
一緒に焼いてもらい、その骨や灰は海へまかれるそうです
平均寿命はとても低く、70歳ではかなり高齢のお年寄りなんだとか…
お世話になったガイドさん、プロゴルファーの丸山選手に似てるのでニックネーム「まるちゃん」
ウブドを案内してくれた前日にまるちゃんのお父さんが亡くなられました
「オトウサン ハ ビョウキ ダッタシ 65サイ デ トテモ トシヨリ」
まるちゃんのケータイは、おそらく家族とのお葬式の準備の手配で鳴りっぱなしでした
大変だろうのに私達のために仕事に来てくれて悲しいそぶりなど、微塵も見せませんでした
そんな姿に思わず泣いてしまいました、しかも、うちのおとん67才よりもお若いのに…
王家であれ、一般家庭であれ、人々は故人を敬い、最後まで幸せを願い見送るのです
[PR]
by noriworks | 2008-07-28 23:53 | trip

バリ時間を過ごす 来てよかった!ウブドの巻

優しいガイドさんだったので、お願いしてウブドの街へ連れてってもらいました
ウブドは大自然もいっぱいで、遺跡なども見ることができる街です

まずは昔ながらのバリ人の生活を見れるお家へ
台所などの各部屋が別棟になってるスタイルでした

c0082166_2222553.jpg

まるでウルルンにでてきそうなキッチン

c0082166_22243556.jpg

お母さんはお米から作った加工品作り中

c0082166_2225577.jpg

1部屋にベッドが2つあるだけ、のこの部屋は新婚さん用
3日3晩閉じ込められ、食事は外から運ばれます
大人の事情で多く言えませんが、「頑張れ!子作りROOM」とでも言うときます

敷地の中には、豚さんが飼われていたり、ご先祖様のお墓もありました
ここは、実際生活されてるらしいのですが、ほんま?ちょっと疑ってました(笑)
おじいちゃんとおかあさんがいて、エキストラさんかと思ってしまったわ



次に連れてってもらったのはここ ゴアガジャ
c0082166_2227159.jpg

11世紀頃のヒンズー遺跡で、巨大な象の彫刻のある洞窟があります
狭い通路を抜けると、学問の神様が祀られていました
賢くなれますように…

工芸品やアジアン雑貨の卸売り店が両サイドにぎっしり立ち並ぶ通りを進んで
行きたかった素敵cafeに到着
気持ちいい景色を見ながらランチができます
c0082166_22372415.jpg

少し山手に行けば、ライステラス(棚田)は見れますが、ここが一番有名なようです
まだ田植えの準備時期でしたが、農作業中のおじさんがいたりして、ほっこりできました

***
すんません、まだバリ続きます~
[PR]
by noriworks | 2008-07-27 22:39 | trip