ブログトップ

NORIWORKS + mac

noriworks.exblog.jp

<   2008年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

バリ時間を過ごす おみやの巻

バリでは何語を話すのか?と思ってたけれど、答えは「日本語でOK」でした
訪れる観光客は日本人が最も多いんだそうで、次いでヨーロピアン、オージーなどなど
だから、英語と日本語を勉強し、観光ガイドや、お土産屋、雑貨の輸出などの
仕事をする人が多いようです
ウブドへ連れてってくれたまるちゃん、サーフィンの先生のモペット、ラフティングのワイヤン
、クタで出合った2人の男の子、お土産屋さんの女の子…みんな日本語堪能でした
語学を身につけて信用を得ることで次の仕事につながると、彼らは話してました
そのアグレッシブな姿、キラキラした表情は私にとって何より心に残るものでした

***
c0082166_2323596.jpg

ウブドで買った小ぶりなバッグ
c0082166_23252126.jpg

サーフィン先生が食べてた揚げスナック
ナッツとハーブが入って、絶妙なおいしさでした


今回の旅で行けなかったお店もあるし、また行きたいところもあるし、ご飯もおいしいし、
サーフィンもまたチャレンジしたい!
そんなわけで、いつかまた訪れることになりそうです!
[PR]
by noriworks | 2008-07-31 23:27 | souvenir

バリ時間を過ごす ま、macさん!の巻

あちらこちらで、たっくさんの犬を見かけました
野良さんなのか?自由きままなわんこが多い!
車道も歩いてて危ないのだけど、でもちゃんと車をよける反射神経は素晴らしかった
ガイドの「まるちゃん」によると、バリでは放し飼いもするらしく、わんこはプラプラしてるそうです
でも夜になると、ちゃんと家に帰ってくるんやてー ほんまかいな?
白、茶、黒の雑種なワンコが大半でした
黒で雑種?てことは?

c0082166_22242025.jpg

ラフティングしたテラガワジャ川近辺でみたmacさん

c0082166_22255786.jpg

ウブドのとある店先で爆睡してるmacさん

c0082166_2227753.jpg

サヌールビーチで夜明けを待つmacさん


撮りきれないほどたくさんのmacさんが!あっちにもこっちにも!
ちょっと興奮でした(笑)
[PR]
by noriworks | 2008-07-29 22:29 | trip

バリ時間を過ごす カルチャーショックの巻

ウブドでは、正装した人々がたくさん集まってるのをよく見かけました
ガイドさんに聞くと、「オマツリ ノ ジュンビ デス」と言ってたので、
鮮やかな衣装の人達、広場におみこしや、やぐらのようなものがあって、
楽しいものだと思っていたら、なんと!それはお葬式のことだったのです

ちょうどウブドの王様?(又は王族の方)が亡くなったらしく、その「オマツリ」準備で王宮のまわりは混雑してました
王様はバリ島以外にも自費でお寺を建てるなど、民からとても慕われ
お人柄も素晴らしく立派な方だったそうです
そのため、あちこちから人々が集まり、王様のために手作りで飾り物や、やぐら作りに大忙し
さすが王家のためのものは規模が違います
c0082166_23323563.jpg

c0082166_23345567.jpg

c0082166_23361495.jpg

まるでジェットコースターのような高さのはしご
左のブルーシートのところに棺が置かれ、遺体と共にせっかくの飾りも
すべて焼かれてしまうんだとか

バリでは、遺体はしばらく家に置かれ、オマツリに向けて準備をします
そしてお金持ちは火葬、そうでなければ土葬、または後で掘り起こして誰か火葬されるときに
一緒に焼いてもらい、その骨や灰は海へまかれるそうです
平均寿命はとても低く、70歳ではかなり高齢のお年寄りなんだとか…
お世話になったガイドさん、プロゴルファーの丸山選手に似てるのでニックネーム「まるちゃん」
ウブドを案内してくれた前日にまるちゃんのお父さんが亡くなられました
「オトウサン ハ ビョウキ ダッタシ 65サイ デ トテモ トシヨリ」
まるちゃんのケータイは、おそらく家族とのお葬式の準備の手配で鳴りっぱなしでした
大変だろうのに私達のために仕事に来てくれて悲しいそぶりなど、微塵も見せませんでした
そんな姿に思わず泣いてしまいました、しかも、うちのおとん67才よりもお若いのに…
王家であれ、一般家庭であれ、人々は故人を敬い、最後まで幸せを願い見送るのです
[PR]
by noriworks | 2008-07-28 23:53 | trip

バリ時間を過ごす 来てよかった!ウブドの巻

優しいガイドさんだったので、お願いしてウブドの街へ連れてってもらいました
ウブドは大自然もいっぱいで、遺跡なども見ることができる街です

まずは昔ながらのバリ人の生活を見れるお家へ
台所などの各部屋が別棟になってるスタイルでした

c0082166_2222553.jpg

まるでウルルンにでてきそうなキッチン

c0082166_22243556.jpg

お母さんはお米から作った加工品作り中

c0082166_2225577.jpg

1部屋にベッドが2つあるだけ、のこの部屋は新婚さん用
3日3晩閉じ込められ、食事は外から運ばれます
大人の事情で多く言えませんが、「頑張れ!子作りROOM」とでも言うときます

敷地の中には、豚さんが飼われていたり、ご先祖様のお墓もありました
ここは、実際生活されてるらしいのですが、ほんま?ちょっと疑ってました(笑)
おじいちゃんとおかあさんがいて、エキストラさんかと思ってしまったわ



次に連れてってもらったのはここ ゴアガジャ
c0082166_2227159.jpg

11世紀頃のヒンズー遺跡で、巨大な象の彫刻のある洞窟があります
狭い通路を抜けると、学問の神様が祀られていました
賢くなれますように…

工芸品やアジアン雑貨の卸売り店が両サイドにぎっしり立ち並ぶ通りを進んで
行きたかった素敵cafeに到着
気持ちいい景色を見ながらランチができます
c0082166_22372415.jpg

少し山手に行けば、ライステラス(棚田)は見れますが、ここが一番有名なようです
まだ田植えの準備時期でしたが、農作業中のおじさんがいたりして、ほっこりできました

***
すんません、まだバリ続きます~
[PR]
by noriworks | 2008-07-27 22:39 | trip

バリ時間を過ごす 残念…の巻

c0082166_22572797.jpg

オプショナルツアーについてたバリ舞踊を観ました

写真上は、夕陽をみた場所で観た「ケチャックダンス」
楽器を一切使わず、男性の「チャッチャッチャ」などの掛け声で表現され、
ヒンズー教の神話が踊り手さんによって演じられます
森の中をさまよう王子とお妃、悪の大王にお妃は連れ去られるも、
最後はハッピーエンドなお話でした
ガイドさんに、「ダンサーハ、アルバイト デス」と言われがっかり↓

下はまた別の場所で観た「バロンダンス」
これはガムランという、なんとも素敵な音色の楽器で表現され、
ひとの心の中には善と悪が存在するという教えをもとにされています
聖獣バロンと、魔女ランダの戦いのお話でした

どちらも外国の観光客向きで、お笑いやちょっとお下劣なところもあって
かなり残念なものでしたが、女性の舞踊のところだけはとても美しかった!
目の動き、指先の動きがとても細かく繊細で、衣装にもうっとりしてました
[PR]
by noriworks | 2008-07-26 22:59 | trip

暑中お見舞い申し上げます

寒いより暑いほうが好きな私ですが、この暑さったら…
外で働いてらっしゃる皆様、本当にご苦労様です
冷房の効いた室内で働いてるのが申し訳ないと思ってしまいます…
お体ご自愛くださいませ

c0082166_22534473.jpg

今年は少しだけ、暑中見舞いを送りました
なかなか普段会えない方などなどへごあいさつ
いつもこんな感じでカード作ってまして、1人だけ毎年スクラップしてくれてる方が!
ありがたやですね
[PR]
by noriworks | 2008-07-25 22:55

バリ時間を過ごす 心が洗われるの巻

ガイドさんをお願いして、バリ島の南端へ夕陽を見に行きました
高さ70Mの断崖絶壁に建つ、ウルワツ寺院 絶景ポイントです
このお寺は10世紀頃、えらいお坊様が建立されたと言われてます
周りには野生のお猿もたくさん!
ちょっと前に流行ったベッカムヘアーをしてました
眼下に広がるインド洋を一望でき、夕刻には青からオレンジに刻々と空色を変える
美しい夕景を見ることができます

c0082166_22572942.jpg

ちっちゃいけど、崖の上の三角屋根のシルエットが寺院です

美しい夕陽に心が洗われるようでした
[PR]
by noriworks | 2008-07-23 23:03 | trip

バリ時間を過ごす 夢叶うの巻

世界中の人が行きかい、最も賑わうクタの街へやってきました
いわゆる「物売り」さんも多くて、ちょっとでも目を合わせたもんなら、おばちゃん達に
囲まれて有名人みたいになります(笑)
お土産買わない?マニキュアは?みつ編みは?てな感じです

さてここへ来たのは、念願のサーフィンレッスンのため
1度でいいから、波に乗って心地よい風を感じたかったのです~
バリは世界中から多くのサーファーが波を求めて集まるサーフアイランドでもあるのです
スノボもろくに滑れない運動神経のない私…めちゃめちゃ緊張してました
先生はとてもフレンドリーなロコサーファーさん
陸地で簡単に教わっただけで、いざ海へー!!! 

先生に言われるがまま、ボードに乗っかって、波が来たら立つ の繰り返し
人生初ライドは、タイミングが全く分からず正座したまま砂浜に一直線(笑)
しかし、3回目にはコツがつかめて立てるように! 
c0082166_22554553.jpg

で、こんな感じ~NORIWORKS勇姿を見てくださいな
ミシュランの白い人みたいな体型でオハズカシですが…
ロングボードは安定しているので初心者でも立ちやすいんだそうです
だって、超どんくさい私でもすぐできましたからね

時間帯が悪くて、コンディションは良くなかったですが、私には十分でした
冬のオーストラリアからやって来る冷たい風や波のせいで、意外にも海は冷たかったです
ロコな先生が1番震えてて、「マダ、サーフィンスル?マダ?」と帰りたそうでしたから(笑)
あー大満足!楽しかったー!
もうちょっとでボード買いに行きそうになりました
帰国して、うずうずしております(笑)
c0082166_22572376.jpg

クタのドナルドは波乗り中~ 楽しそう♪
[PR]
by noriworks | 2008-07-22 23:00 | trip

バリ時間を過ごす やはり出会いの巻

晩ご飯なにするかねー?
できれば現地の人が普段食べてるのがえーなー…
”とにかく安くておいしい!でも日本人多し” そんなガイドブック情報の「ナイトマーケット」へ
そこは、10軒くらいの屋台が並んだところで、はてさてどのお店にする???
とキョロキョロしてたら、「ここがおすすめ!」の日本語に吸い寄せられました
このお店の常連さんだという、石川県からの北陸美女3人さん
本日が旅の最終日で、最後の晩餐はやっぱりここで!とパーティされてました
普段から日本海のおいしい魚介を食してるだけあって、大正解!!! 
お馴染みの ナシ(ご飯)ゴレン(炒め)、空心菜炒め
c0082166_23262443.jpg

バリ料理に欠かせない「サンバル」という唐辛子ベースの薬味がお魚に乗ってます
ほんまになんでもおいしかったですー
そして、おなかいっぱい+ビールで2人前¥5~600くらいで大満足!
北陸美女さんからいろんな情報をもらったり、3人さんのお話を聞いたり、
写真撮ったり、これまた素敵な出会いとなりました~
お店のオーナーも店長?もかなりいい人で、ここはホントにおすすめです
残念ながらお店の名前を忘れたけど、日本のお笑いのギャグを連発する店長を探せ!
[PR]
by noriworks | 2008-07-20 23:29 | trip

バリ時間を過ごす 素敵なランチの巻

ラフティングの後、同じ乗組員のシンガポールカップルさんと、
用意されてたランチしました
c0082166_2352327.jpg

あ゛ーなんで英語が出てこないのか…もどかしいっ
でも、同じ人間ですからニュアンスで分かり合えるもんですね
話題は彼氏さんの持ってたiPhoneで盛り上がりました
(ちょうど同じ頃、日本で発売だったのかな?)
初めて見るので「すげぇー」連発でした(笑)
なかなかのイケメン彼氏さんと、めちゃめちゃキュートな彼女さんで、とても嬉しい出会いでした
優しく、とても楽しい思い出になりました

*** *** *** ***
c0082166_237596.jpg

さて、これ何の実かわかります?
ヒントは、みんな大好き!あまーいアレの原料です~
私は、ほぼ毎日といっていいほど口にしてます
ラフティング地域には、ごく当たり前のようにプラプラ実ってました
ここって暑いとこなんだ…
[PR]
by noriworks | 2008-07-19 23:11 | trip